コープで家を建てます!

タグ:戸建て ( 8 ) タグの人気記事

25分の1の模型(1F)

建築士さんに内部を縦断した図面をもらいました。
具体的に部屋の細部あるいは外壁や屋根のバランスを見るため、スチレンボードと紙で模型を作ることにしました。夏休みの自由研究みたいだ〜041.gif
材料は東急ハンズで調達しました。

1階外壁と玄関の屋根まで出来ました。
f0331142_22261247.jpg
ガルバリウム外壁はリップルボードという厚紙を使いました。
写真はわかりにくいですが、わりと感じでてます037.gif
スチレンボードはB2を2枚使ったが、また足りなくなってしまった。壁材ってたくさん使うのね002.gif

[PR]
by saluto | 2014-06-30 22:40 | 設計

coop styleって、何?

コープの住まい作りは、いままで見たHMや工務店とぜんぜん違っていた。
その流れは大体こんな感じ。

まず、コープと提携している一級建築士を選ぶ。
それから、建築士と一緒に間取りや設備を決める。すべて決定したら建築士がすべての図面を作る。
次に、コープと提携している施工工務店を選ぶ。
そして、着工ー完成。工事中は建築士が現場監理をする。

着工まで充分時間をかけて検討するから、一年くらいかかるよ、とのこと。
建材は自然素材推奨だが、基本、好きなものが選べる。
漆喰、珪藻土、クロス、無垢材、コルク、瓦、窯業サイディング、ガルバリウム等々、なんでもアリアリ。
ガス温水床暖房も太陽パネルも推奨。そして長期優良住宅は必ず申請。

うーむ。これはまさしく、私がイメージしていた理想の家作りではないだろうか。
心のなかでにんまりする私。(結構ポーカーフェイスです)

通常は、最初に「生協の住まいづくり講座」に参加して、勉強してもらってからになるんだけど、もうハウスメーカーや工務店を回っているようだから、と言って、磯部さんは、コープ提携の一級建築士の中から、磯部さんおすすめの建築士さん12人くらいをピックアップしてパンフレットを作ってくれていた。
パンフレットには、無垢材が光るリビングや複雑な屋根形状やモダンな四角形等々、かっこいい写真がいっぱいだった。
この中からひとり選んでもらうわけなんだけれど、と、磯部さんは、ひとりずつ、作品である家の写真を見ながら説明してくださった。
その中で、この人は何でもやるんだよ、という説明が付いたT建築士さん。本当に何でも作る。(特徴を説明するのが難しい様子)
私はその建築士さんが妙に気になって、実は他の人のことはあまりよく聞いてなかった。

ひととおりパンフレットを見た後、
さて、どうしますか。だれか会ってみたい人はいましたか?
と聞かれたので、
うーん、どうしようかなあ。迷っちゃうけど…。
じゃあ、何でもできるTさんにしますか。
意外とあっさり。
これは直感です。037.gif

コープハウジング東海

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 住まいブログ 長期優良住宅へ
[PR]
by saluto | 2014-04-21 23:58 | コープ

コープハウジングの人に会う

コープから返信メールが翌朝届いた。2月13日のことだった。
16日日曜日に伏見のTOTOショールームで担当の人と会うことになった。
そこで生協の住まいの相談会が開催されることになっていたからだ。
Y工務店の現場見学会に行ったのが2月9日日曜日、15日土曜日は「バウムクーヘン」の項目で書いたMホームの工場見学の日で、この頃土日はめまぐるしくあちこち動き回っていた。
私の仕事は土日祝が休みだが、娘たちは土日が出勤の日もあり、休息が必要だった。
16日は話をするだけだからと、私ひとりででかけた。

TOTOショールームはピカピカしていて、たくさんの人でにぎわっていた。
私が受付らしき人に、生協の相談会に来たのですが…、と言うと、ああ、それはここではないんです、あちらのドアを出て向こうになります、と教えられた。
あ、外だったのね。
教えられたドアを出ると、エレベーター付近に作業服の人が何人かたむろしていた。
あ、ここだここだ。生協って感じがする。
すみません、生協の相談会はこちらですか、とひとりのおねえさんに話しかけた。
磯部さんという方と約束しているのですが、と言って名乗ると、はいどうぞ、
こちらです、と案内してもらったが…。

え…?ここ…?
私はなんとなく、商談スペースのようなところに作業服のおにいさんを想像していたのだが。
入り口からも見える長テーブルの真ん中に貫禄たっぷりの男性が座っていた。
ホントにここでいいの?(ちょっと辺りをキョロキョロしてしまった)
いきなりボス部屋な感じなんですけど。
ああ、どうも、と磯部さんは気さくに声をかけられ、コープの住まい作りについてわかりやすく説明してくださった。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by saluto | 2014-04-19 16:58 | コープ

灯台下、暗し

Y工務店の現場見学会に、わが家はにわかに色めき立った。
私は自然素材について一生懸命調べまくり…。
漆喰は調湿性があり、カビない、虫こない、色あせない、といいことづくめだった。
時間がたつほど固く真っ白になるのだそうだ。
セルロースファイバーはグラスウールより断熱、防音にすぐれ、防虫性もあるすぐれもの。しかも材料は新聞紙というとってもエコな断熱材。
自然素材は性能はいいけど高価なのが欠点、ということだが。
Y工務店は自然素材しか使っていないのに家本体はHMよりかなり安い。
太陽パネルの値引きとかはないけどね。

いまのところ、Y工務店の条件は申し分なかったが、私はもう1件くらい工務店を探そうと思った。
家中の壁がほぼ漆喰の白になるのも少し抵抗があった。
そこでまたまたiPadに向かって検索を重ねてみたが、ピンとくる所がなかった。
そんなとき、ふと、生協でリフォームとか白アリ点検とか住まいの相談会のチラシが入っていたことを思い出した。
ひょっとしたら、生協で何かやっているかもしれない。
なにしろ生協には何でもあるのだ。葬儀会館と提携しているくらいだから。

いつもコープあいちのホームページはe-フレンズ(ネット注文)しか開かないが、よーく見ると、右下に「住まい」というコンテンツがあった。
おー、あるじゃないですか。新築・リフォーム。
コープの住まい部門が独立して、コープハウジング東海という会社になっていたようだ。
ホームページの情報はひと通りくまなく調べ、
ご相談はメールフォームへ
電話苦手なんです。
さりとてメールもさほど上手くない。
いろいろ試行錯誤するので時間がかかる割にはたいへん簡潔な文章になります。002.gif

コープハウジング東海にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村
[PR]
by saluto | 2014-04-17 23:24 | コープ

漆喰と無垢材の家

ハウスメーカーでふたつ見積りをもらったので、次は工務店を探したい。
しかし、工務店にさっぱりアテがない。
こういう時はとりあえずネット検索。
このころは家造りについてわからないことがあるとすぐネットで調べていた。
実際わからないことだらけだったので、ものすごくたくさんネット検索した。
おかげで大分物知りになった、かも。
ネットがあって本当によかった。

愛知 工務店で検索すると、3年前にリフォームした時に相見積もりをとった安江工務店が載っていた。
へえ、新築もやってたんだ、と思い、お店のリンクをクリック。
(この流れは必須ですね。店舗にホームページは必須な世の中になって参りました。)
ホームページはきれいに見やすく作ってあったし、コンセプトもしっかりしていていい感じだった。
ちょうどその週の土日の現場見学会のおしらせが載っていたので、行ってみよう!と思い立ち、お問合せメールフォームもあったので、こちらの状況と見学会の申込みをメールした。
実際は見学会に申込みはなくてもよかったようだ。
当日娘と3人で現場に出かけた。
前もってメールしていたので、もう担当さんがついていた。

安江工務店は天然素材がウリで、壁はしっくい、床が無垢材、屋根は瓦。
断熱材もセルロースファイバーを使っていた。
床下はベタ基礎。
ハウスメーカーは2社とも布基礎だった。
但しD社は防湿コンクリート、M社は防湿シート。
私達は、基礎部分も気にしていたのでくわしく聞いた。
それは東海集中豪雨のとき床下浸水したからだ。
ベタ基礎に浸水した水はどうなるのか。
この時はあまり明確な答えは得られなかった。

娘たちは無垢材の床がとても気に入っていた。
間取りもおしゃれで、キッチンの上に梁を出して天井を高くしていた。
階段下がアーチになっていたり、思いがけないところに収納が作ってあったり、細長い窓が多く使ってあって、楽しかった。
担当の方は気さくで親切な人だった。
そして、見積額は坪単価からすると余裕でクリアしていた。

現場見学会には3週続けてあちこちドライブしたが、どこも盛況だった。
[PR]
by saluto | 2014-04-16 21:25 | コープ以外

Mホームとバウムクーヘン

そんな顛末を知ってか知らずか、Mホームでは、着工が1年後でもOKと言われる。
君の気持ちが落ち着くまでいつまでも待ってるよ、的な。
あくまで控えめで、でもこちらの質問には的確に答えてくれる営業さん。
間取りもカラフルな手描きでかわいい。
そして見積りはやっぱり余裕でオーバーしていた。
予算言ってないのにね。
そこから値引きしてお値打ち感を出すのがHMのやり方なのだろう。

Mホームの見積りをもらったのが2月初め。
そのあと、2週間後に工場見学会、3月上旬に現地見学会に参加した。
工場見学会では、木質パネルの良さを強調され…
ほとんど木質パネルさえあればいいって感じ。
なんと自社の軽量鉄骨ハイブリッドとも比較していた。
鉄骨がむちゃくちゃ厚いのだ。
木質パネルが軽くて強いことを強調するためにこんな鉄骨ユニットを造ったのか?と思ってしまった。
これまた「?」の多い見学会だった。
ただひとつ聞いてよかったのはフィンランド工場の話。

土地の起伏が少なく白夜があるほど日照時間が長い季節もある自然環境のため
フィンランドの樹木はまっすぐ伸びて年輪が等幅になる

おみやげにもらったバウムクーヘンはフィンランドの樹木の年輪を型どっていたのね。
おいしかったです。

[PR]
by saluto | 2014-04-15 18:55 | コープ以外

顛末記

翌日曜日、仕事の合間に時間を割いてくれた義弟とMホーム展示場へ。
義弟の知り合いも駆けつけてくれた。
知り合いのおかげで、上役の人も同席していたが、全体にとても和やかに話が進んだ。
私は、前回のことで学習したので、予算額は明言せず曖昧にしておいた。
気になっていた太陽パネルのことも、屋根を切妻にすればいい、とあっさり解決した。
その週の平日に敷地を見て1週間後に見積りを出しましょう、ということになった。
1週間後は2月になるので、この時点でD社との1月中の契約は完全に消えた。
実は娘たちは、Mホームの家がおしゃれでかわいいから、と一押しだったのだ。

その夜。
D社の営業が清書した見積りを持って家に来た。
私は、そんなに早く建て替えるつもりは全然なかったし、1年後くらいに考えていたので、今回は契約しない旨を伝えた。
するとその後、携帯に電話が入った。
なんと、仮契約つまり手付金を払えば、キャンペーン値引きを伸ばしてもいい、と言う。
おかしな話だ。
私はD社のテクノロジーが大好きだった。
ずっと憧れていたし、私の中で高く評価していた。
あまりにヘンな展開に悩みながらぐだぐだ話していたら私の携帯がピーピー鳴っていた。電池切れの警告音だった。

もう放っておこうかと思ったが、一晩頭を冷やして、翌朝電話をした。
きのうのお話ですが、そちらの提示がどんどん変わってきているので、今どのような状況になってるのか、きちんと説明していただけませんか
(ふざけたことばっかりぬかしてんじゃねえぞ、こるぁ!ちゃんと説明にこいや!(心の声))
翌日火曜日、営業と上司が来ることになった。
私は客間を片付けて掃除をし、わざわざ灯油を買いに行き、石油ファンヒーターを用意した。
最後の会談は思ったより穏やかだった。
さすがにもうゴリ押しはしてこなかった。
上司はまだ間抜けたことを言っていたが。
後で娘が、おかあさんのトーンがだんだん低くなって無口になってきたら(キレる前兆だから)突入しようと思っていた、と打ち明けた。

アブナイ、アブナイ。
あやうくカモられるところだったよ。
長年想い続けた憧れの人に手玉に取られそうになった気分だ。
結局向こうが勝手に突っ走ってコケた形になった。
キャンペーンさえなければもう少しゆっくり検討できたかも。

それでも私はD社テクノロジーが好きです。

[PR]
by saluto | 2014-04-14 21:55 | コープ以外

腑に落ちないこと

その支店での説明には「?」な点が多かった。
なんとかという図面は作らないので同意書に印かんを押すとか。
多分構造計算書のことだと思うのだが、それになんでアネハを例に出すのか
(ネットで検索すると、ハウスメーカーのプレハブは、国土交通大臣からの認定を受けているので構造計算書の提出は必要ないことになっている)
太陽パネルの設置場所が南屋根面だけでは足りないので東面にも乗せるとか、こっちが聞くまで話題にしなかったし
(発電率悪いんじゃないですか、と言ったら、大丈夫でしょ、と軽くかわされた。)
見積額にキャンペーン値引きが含まれていたので、気になって問いただすと、月末までに契約してください、とのこと。
それから手付金の話。
その日は土曜日だったが、火曜日までに手付金を振込んでください、もし契約破棄の場合はもちろん全額払い戻しします、
ということだった。

宿泊体験から2週間。
そんなに早く決めるものなの?

だけど、仕様はグレード高いしエコだし、本命だし、心は揺れていた。

家に帰ってから早速皆に相談した。
実はまだ親に言ってなかったのだ。
母はたいへん興味深く間取りや設備を見てくれた。
これもいいけど、もうちょっと他にも探した方がいいよね、と話し合った。
私のご意見番である妹にもすぐに電話した。
すると、ちょっと待ってよ、という妹の返事。
義弟の知り合いで某ハウスメーカーに顔がきく人がいるから、きいてみようか、と。
妹との電話と同時進行で義弟が知り合いに連絡し、その知り合いがMホームの知り合いに連絡し、翌日曜日Mホームで打合せとなった。
ご意見番は仕事が早い。
息子からは電話で、キャンペーンなんかその時だけじゃないでしょ、どうせまたやるんでしょ、何寝ぼけたこと言ってんの、とカツ入れされた。ありがとう息子。
[PR]
by saluto | 2014-04-13 20:30 | コープ以外

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな