コープで家を建てます!

ショウルーム見学:Panasonic編

リクシル、パナソニック、TOTOのショウルームはわりと近くにある。

建築士さんの車に便乗してパナソニックショウルームへ行った。
こちらでは担当はつかなかったので、建築士さんの案内で回った。
先ずキッチンから。
リクシルでは、水栓の湾曲が気になったが、パナソニックの水栓の湾曲はさらにゴツイ。
末娘がセパレートのキッチンを発見して、おおっあるじゃん!と喜んで走り寄ったが…
シンクが30cmくらい…
なんか、これは違う気がする(´・ω・`)調理台ってやつかな?
扉カラーの赤はファインレッド。うーん…これはちょっと赤っぽすぎるかなあ…。
いくつかあるキッチンの中に、扉カラーが淡い木目調のものがあった。
あ、これすごくきれいだなあ…このとき初めて木目がきれいだと思った。
なんて名だろう?メープルかな。もっとよく名前を見てくればよかった。

キッチンの次はお風呂。
実はお風呂は最初からパナソニックのココチーノと決めていた。
他にどんなにいいお風呂を見ても、これだけは絶対にブレちゃいけない。
それは、美泡湯を付ける事が目的だから。
Dハウスを諦めたとき、標準装備であるサイエンスのマイクロバブルバスだけを設置することも可能では?と考えた。
探してみると、パナソニックのココチーノに美泡湯というものがあった。
価格はサイエンス36万、美泡湯18万。
マイクロバブルバスのように、浸かるだけで皮脂がおちるほどの効能はないようだが、この際細かいことは気にしないことにしよう。
はたしてショウルームに美泡湯体験コーナーがありましたよ。
お風呂ではなく手だけを浸ける水槽サイズ。
末娘が何気にスイッチオンすると、みるみる水槽がミクロの泡で真っ白に。
いきなり手をつっこむ末娘。
彼女は建築士さんにも、どうですか~とすすめていました。
これで何がどうってわけでもないんですけどね…

あと、ナノイー乾燥機も見ました。
これもスイッチを押すと、吹出口についたポンポンたちがヒラヒラ舞い始めて、
ダンスみたいだー!キャッキャッ
なんか、アソビすぎでは…汗
家庭用エレベーターにも乗ったし。
照明の部屋でもいろんなライトを点けて遊んだし。
照明コーナーの扉が3枚引き戸で、開放するときは壁半間分に収納できる。
2面がこの扉、2面が壁。建築士さんが実際に扉を閉めて説明してくれた。
8帖のコーナーがパーティションできる。スゴイなあ。
それから、床材、ドア、外壁。
そのあたりで、ほたるの光がかかった。
うそーもう閉店?
余分なことで遊びすぎじゃない?
私と末娘はアセったが、建築士さんは一向動じない様子で、ポストとか外壁材の説明をしてくれる。
このあとのTOTOは…
TOTOはパスです、と建築士さんの力強い?お言葉。

というわけで、ショウルーム見学は次週に続くのであった。
[PR]
by saluto | 2014-05-23 23:35 | 設備

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな