コープで家を建てます!

タグ:工務店 ( 7 ) タグの人気記事

コープの対応

前々回の記事のトラブル、それに対するコープの対応は早かった!

1/18の打合せで、外壁が1ヶ月近く後になることを告げられる。
予定では前週の月曜日から施工に入るはずだった。
それよりも軒天を先に張らないと外壁ができないと言われたことに愕然とした。

1/20、玄関は框と式台を別々にすることになっていたのでは?と思い出し、朝、確認のため現場へ行く。
18日に見た時は、玄関框が式台の形になっていた。
建築士さんにメールで問合せたが、玄関框は固定とのことだった。
式台のことは娘たちも覚えがなく、私が思い違いをしていたようだ。

1/21朝、大工さんに玄関框は現状のままで良いことを伝えようとすると、
玄関框が寸法違いだったのでやり直すことになった、と言われる。
実はこの時、もうひとつ、欄間の処理に疑問があって、大工さんに確かめようと思ったのだが…。
その1周間前、大工さんに、欄間に入れるステンドグラスのサイズを教えてくれるように言われた時、
あわてんでいいよ、まだ材料が揃わんから、と言っていた事が気になって、
外壁のあまりにもな遅れもあり、もしや材料を発注してないのでは?という突拍子もない考えが浮かんだのだ。
玄関框の件で仰天した私は、珍しくその場で建築士さんに電話をした。
(通常はメール。メールの方が履歴に残るので良いと思っている。)
現況を話すと、確認します、というお返事だった。

21日夜、建築士さんからメールがきた。
玄関框の説明と工事日程の変更の連絡だった。
それに返信して、私は辛辣な苦情メールを送った。

娘たちともこちらの要望を伝えようと話し合っていた。
私たちはずっと、もうすでに建築士さんとの間で決定している事をなぜまた打合せしているのか、疑問だった。
同じことを何度も確認しているのに、間違っている。
時間とコーヒー代がムダだった。
私はメールの中で、施工が変わるのはこちらの意志ではないことを訴えた。
もし工事が遅延した場合、クライアントの責任にされると困ると思ったからだ。
それから、図面は配る前に点検すること、最終的に正しい図面をください、ということ。
工事日程は確実になってから連絡して欲しい、ということ。

1/23、建築士さんから次回の打合せ(1/25)に工務店社長から工期の遅れについて説明してもらう、というメールがきた。
いよいよ来たか…!と内心ビクビク。

1/25、イイワケを聞く。
外壁の遅れは引渡しには影響なく、木工事はむしろ余裕で進んでいたのでホッとした。
そしてなんと!工務店の現場担当が社長に変わっていた。

おそらくこちらの進行状況はコープに逐一報告することになっているのだろう。
18日から23日の間に、長久手のドンが動いたことは間違いない。

1/26、ドンから直々に謝罪の電話をもらった!恐縮です…!

1/31の打合せはサクサク進んだ。
こうでなくちゃいけません!


コープハウジング東海
㈱スタートリビング
㈱コスモハウス

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 コープハウジングへ
[PR]
by saluto | 2015-02-01 23:07 | コープ

基礎---隣地との境界

地鎮祭のあと、建築士さんが地縄を見ながら建物の位置を説明してくれた。
西側は隣地との境界が66cm。
地縄は壁の中心になるので、外壁がつくと、更に10cmほど外側になるとのこと。
なんかぼんやり聞いていたのだが、
長女が、エアコンの室外機置くんだよね?と言った。
あ、そういえばそうだ。
まあ、50cmあれば置けなくはないので、いいのかな、室外機があったら西側はもう通れなくなるけど、ま、いいか、
とその時は思った。のだが。
西側のブロック塀が玄関のところ2mくらいまで残してあって、そうするとブロックと家の間はもっと狭くなる。
あー、ダメダメ!
室外機は40cmだからゼッタイ通れない!
このことに気が付いたのが柱状改良の前日の夜。
(柱状改良の日は台風で予定より1日遅くなっていた。)
さっそく建築士さんにメールした。
すぐ返信がきて、10cm東に移動しましょう、ということになった。
(速攻メールでやりとりできるなら電話すればいいような気もするが012.gif

いやー・・・図面には前からこの寸法で載っていたのに、気がつかなかった。
ちなみに東側は1mほど空けてある。
これは、東側を通路にできるように、という建築士さんの配慮なのですが・・。
もっと注意して図面を見ないといけないなあ。

10月14日基礎工事が始まりました。13日の予定が台風のために1日延びました。
f0331142_22584843.jpg
10月15日
f0331142_23021561.jpg

[PR]
by saluto | 2014-10-16 23:07 | 設計

工務店と契約成立。

9月5日金曜日、晴れて工務店と契約しました。
晴れて?とまではいかないけどね。予算オーバーだから。
そこそこで妥協しました。
うーん、まあよく頑張った方だと思う。
ゴネればもう少し下がったのかな?とも思うが。
お互い気持ち良くやっていけるのも大切だしね。
結局、総額としては、Dハウスの見積りとあまり変わらない金額になった。
しかも太陽光別途にしたので決して安くはない。
だけど、HMの見積りには駐輪場もなかったし、追加工事が発生してもっと高くなるに違いない。
コープの見積りは几帳面な建築士さんのおかげで至れり尽くせりの感がある。
コストダウンで造作棚や収納を取ったが、それでも充分である。
復活したのは、納戸の可動棚、ロフト、長女の部屋の珪藻土塗。
納戸の可動棚は他と比べてまあ許容できる金額だったし、代わりの収納が思いつかなかったので、そのままにしておいた。
多分、工務店さん(建築士さんかも)の方でも、ここはあった方がいいと判断されたのだろう。
ロフトは階段がなくなって、ハシゴになった。
なので、ロフト部分が吹き抜けのようになり、少し狭くなった。
かえってこれでよかったと思う。
階段だったら、3階と見なされていたかもしれない。
形は少し変わったが、ロフトが復活して良かった!
ロフトは夢です。
というか、部屋の収納を取っちゃったので、建築士さんが何とか残してくれたのかも。
長女の部屋は、北側壁一面の造作本棚がなくなったので、4面とも珪藻土希望だった。
そして珪藻土はクロスに比べるとかなり高価だったので、私たちはDIYにすることを提案した。
しかし、他で金額調整できたので、見積りに入っていたのをそのまま採用しました。

項目の中に諸経費というのがあって、これが工務店さんのマージンらしい。
減額すると諸経費も少なくなっていた。
これについて訊いてみると、うちはx%(消費税よりちょっと小さい数字)入れています、というお答え。
うーん、明朗会計だ。
そんな工務店さんの名は、株式会社コスモハウスさんです!
これからお世話になります。
どうぞよろしくです016.gif
[PR]
by saluto | 2014-09-10 09:30 | コープ

工務店の見積り

間取りに関する要望は、HMやY工務店で出したものと同じ内容を伝えた。
建築士さんは、じゃあこれで何か考えてみましょう、と言って、
一週間後にまた打合せを行うことになった。
コープの住まい作りは、住宅瑕疵保証や中間検査のことがきちんと謳ってあり、安心できる感じがした。HMではそれらの説明はなかった。

次の日、2月23日日曜日。
この日はY工務店の現場見学会に行き、そこで見積りをもらうことになっていた。
長女は行きたがっていたが、仕事があり、末娘と二人で行った。
このときの現場見学会は注文住宅ではなく建売であった。
リビングイン階段があり、吹き抜けになっていた。明るかった。
ダイニングの床が少し高くなっており、LDKがそれぞれ独立したスペースになっているのが珍しいと思った。
わが家も1F北側の採光に吹き抜けとリビングイン階段を希望していたので、ここの見学会に誘われたのだった。
ひととおり家を見た後、見積りの説明へ。

吹き抜けを作らなくても採光が取れるように考えました、
と、コンシェルジュさんが見せてくれた間取りは、
まさかのコの字型。真ん中ウッドデッキ。
おおー!かっこいい!
吹き抜けなくても北側充分明るいなあ。
コの字になって壁面数が増えても、差額は少なくリーズナブルなお値段。

Y工務店は、契約してから専属の設計士さん4人が間取りプランを作成することになっている。
今回もらったプランは、あくまで見積りを出すための仮プランということだった。
でも、楽しかったですよ、このプランを考えるの。
担当コンシェルジュさんはすごく優しい人です。

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

にほんブログ村 住まいブログ 長期優良住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
[PR]
by saluto | 2014-04-27 14:39 | コープ以外

2月16日(日)

コープの担当さんに会ったことは、早速ご意見番である妹のまこちゃんに報告した。

へえ、生協でそんなのあるんだ。
で、どんな感じ?担当の人は。
それがね、首領(ドン)みたいな感じで037.gif
すごく話しやすいんだよ。
話しやすいって一番重要だよね。

そりゃあ良かったじゃん。
で、見積りは?
ご意見番さんは抜かりなく価格を気にかけてくれる。
姉の経済観念がかなり怪しいものであることを彼女は熟知している。

こっちで予算を出せばそれに合わせて設計してくれるんだって。
わけのわからん値引きと違って明朗会計だね。

いいじゃん、いろいろ見てゆっくり考えれば。
また経過を教えてね、とまこちゃんは言って携帯を切った。
大体いつも用件だけで切り上げたつもりでも、30分くらいはしゃべっている。

そうなんだ。ゆっくり考えられるのがいいんだ。
「顛末記」で傷心だった私は、時間をかけて話しあったり選んだりするというコープのやり方に癒やされた。

16日の夜、長女の希望でY工務店の現場見学会に出かけた。
当初は予定していなかったが、末娘がデートでいなかったので夕食を外で食べることにし、ついでに寄ろうということになった。

Y工務店の2軒目の家はスカーレットレッドみたいな色のリビングドアがアクセントのかわいい家。
ダイニングやトイレのランプが花型で長女はとても気に入っていた。
主寝室のWICの奥に3帖の書斎があり、末娘が好みそうな間取りだった。

私たちの不意の訪問を担当さんは喜んでくれて、おみやげにバラを3本選んでくれた。
深紅、朱、もう1本は小ぶりで黄みがかった白とピンクのグラデーション。
3人で、きれいだねえ、と感心してながめた。
このバラたちはずいぶん長くわが家の食卓を飾ってくれた。


↓ランキングに参加しています。よかったらお好きなバナーをポチッとしてください。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 長期優良住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by saluto | 2014-04-22 23:46 | コープ

灯台下、暗し

Y工務店の現場見学会に、わが家はにわかに色めき立った。
私は自然素材について一生懸命調べまくり…。
漆喰は調湿性があり、カビない、虫こない、色あせない、といいことづくめだった。
時間がたつほど固く真っ白になるのだそうだ。
セルロースファイバーはグラスウールより断熱、防音にすぐれ、防虫性もあるすぐれもの。しかも材料は新聞紙というとってもエコな断熱材。
自然素材は性能はいいけど高価なのが欠点、ということだが。
Y工務店は自然素材しか使っていないのに家本体はHMよりかなり安い。
太陽パネルの値引きとかはないけどね。

いまのところ、Y工務店の条件は申し分なかったが、私はもう1件くらい工務店を探そうと思った。
家中の壁がほぼ漆喰の白になるのも少し抵抗があった。
そこでまたまたiPadに向かって検索を重ねてみたが、ピンとくる所がなかった。
そんなとき、ふと、生協でリフォームとか白アリ点検とか住まいの相談会のチラシが入っていたことを思い出した。
ひょっとしたら、生協で何かやっているかもしれない。
なにしろ生協には何でもあるのだ。葬儀会館と提携しているくらいだから。

いつもコープあいちのホームページはe-フレンズ(ネット注文)しか開かないが、よーく見ると、右下に「住まい」というコンテンツがあった。
おー、あるじゃないですか。新築・リフォーム。
コープの住まい部門が独立して、コープハウジング東海という会社になっていたようだ。
ホームページの情報はひと通りくまなく調べ、
ご相談はメールフォームへ
電話苦手なんです。
さりとてメールもさほど上手くない。
いろいろ試行錯誤するので時間がかかる割にはたいへん簡潔な文章になります。002.gif

コープハウジング東海にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村
[PR]
by saluto | 2014-04-17 23:24 | コープ

漆喰と無垢材の家

ハウスメーカーでふたつ見積りをもらったので、次は工務店を探したい。
しかし、工務店にさっぱりアテがない。
こういう時はとりあえずネット検索。
このころは家造りについてわからないことがあるとすぐネットで調べていた。
実際わからないことだらけだったので、ものすごくたくさんネット検索した。
おかげで大分物知りになった、かも。
ネットがあって本当によかった。

愛知 工務店で検索すると、3年前にリフォームした時に相見積もりをとった安江工務店が載っていた。
へえ、新築もやってたんだ、と思い、お店のリンクをクリック。
(この流れは必須ですね。店舗にホームページは必須な世の中になって参りました。)
ホームページはきれいに見やすく作ってあったし、コンセプトもしっかりしていていい感じだった。
ちょうどその週の土日の現場見学会のおしらせが載っていたので、行ってみよう!と思い立ち、お問合せメールフォームもあったので、こちらの状況と見学会の申込みをメールした。
実際は見学会に申込みはなくてもよかったようだ。
当日娘と3人で現場に出かけた。
前もってメールしていたので、もう担当さんがついていた。

安江工務店は天然素材がウリで、壁はしっくい、床が無垢材、屋根は瓦。
断熱材もセルロースファイバーを使っていた。
床下はベタ基礎。
ハウスメーカーは2社とも布基礎だった。
但しD社は防湿コンクリート、M社は防湿シート。
私達は、基礎部分も気にしていたのでくわしく聞いた。
それは東海集中豪雨のとき床下浸水したからだ。
ベタ基礎に浸水した水はどうなるのか。
この時はあまり明確な答えは得られなかった。

娘たちは無垢材の床がとても気に入っていた。
間取りもおしゃれで、キッチンの上に梁を出して天井を高くしていた。
階段下がアーチになっていたり、思いがけないところに収納が作ってあったり、細長い窓が多く使ってあって、楽しかった。
担当の方は気さくで親切な人だった。
そして、見積額は坪単価からすると余裕でクリアしていた。

現場見学会には3週続けてあちこちドライブしたが、どこも盛況だった。
[PR]
by saluto | 2014-04-16 21:25 | コープ以外

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな