コープで家を建てます!

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さら地にはなったが・・

9/17日(火)から重機が入って解体となり、
23日(祝・火)朝現場に行ったら、すでにさら地になっていて、イケメン外国人のオニイサンが片付けをしていた。
解体業社の社長さんも来てました。
あと、ブロック塀を3段分撤去するのだけれど、他用務が入っていて日程の段取りがつかないので、日を改めて行う、とのことだった。
28日(日)までこんな状態。
f0331142_13340579.jpg庭にあった石とか、ブロック塀とか。
上3段取っても、汚いな008.giff0331142_13241243.jpg








 

さら地に残された者たち(笑)
トラックにちょこんと横たわっていた狸の置物を発見し、なんか偲びなくてまた戻してもらった。
主人の形見。
ひょうたん池と灯籠も、だけど、また設置するの大変だなぁ025.gif


[PR]
by saluto | 2014-09-28 13:39 | 工事

解体始まる

9月17日から家の解体工事が始まりました。
16日に電線を切ることになり、電気を使えるのは15日まで、ちょうど連休になったので、私たちはめいっぱい頑張って最後の片付けをしました。
15日の夜…ケーキを食べて、家とお別れ会をしました。
東京の息子もスカイプで参加。
f0331142_23120868.jpg
最後なので壁にお別れの言葉を…。
f0331142_23122700.jpg
f0331142_23123377.jpg
ノリすぎ…?015.gif


[PR]
by saluto | 2014-09-19 23:18 | 工事

工務店と契約成立。

9月5日金曜日、晴れて工務店と契約しました。
晴れて?とまではいかないけどね。予算オーバーだから。
そこそこで妥協しました。
うーん、まあよく頑張った方だと思う。
ゴネればもう少し下がったのかな?とも思うが。
お互い気持ち良くやっていけるのも大切だしね。
結局、総額としては、Dハウスの見積りとあまり変わらない金額になった。
しかも太陽光別途にしたので決して安くはない。
だけど、HMの見積りには駐輪場もなかったし、追加工事が発生してもっと高くなるに違いない。
コープの見積りは几帳面な建築士さんのおかげで至れり尽くせりの感がある。
コストダウンで造作棚や収納を取ったが、それでも充分である。
復活したのは、納戸の可動棚、ロフト、長女の部屋の珪藻土塗。
納戸の可動棚は他と比べてまあ許容できる金額だったし、代わりの収納が思いつかなかったので、そのままにしておいた。
多分、工務店さん(建築士さんかも)の方でも、ここはあった方がいいと判断されたのだろう。
ロフトは階段がなくなって、ハシゴになった。
なので、ロフト部分が吹き抜けのようになり、少し狭くなった。
かえってこれでよかったと思う。
階段だったら、3階と見なされていたかもしれない。
形は少し変わったが、ロフトが復活して良かった!
ロフトは夢です。
というか、部屋の収納を取っちゃったので、建築士さんが何とか残してくれたのかも。
長女の部屋は、北側壁一面の造作本棚がなくなったので、4面とも珪藻土希望だった。
そして珪藻土はクロスに比べるとかなり高価だったので、私たちはDIYにすることを提案した。
しかし、他で金額調整できたので、見積りに入っていたのをそのまま採用しました。

項目の中に諸経費というのがあって、これが工務店さんのマージンらしい。
減額すると諸経費も少なくなっていた。
これについて訊いてみると、うちはx%(消費税よりちょっと小さい数字)入れています、というお答え。
うーん、明朗会計だ。
そんな工務店さんの名は、株式会社コスモハウスさんです!
これからお世話になります。
どうぞよろしくです016.gif
[PR]
by saluto | 2014-09-10 09:30 | コープ

デザイナーのこだわり

コストダウンの提案でカッコ付きになっている部分、
もしどうしても金額調整が難しい場合
として提案したことについて。

私は常々不思議に思っていたのです。
なぜ2Fの屋根がああいう形になっているのだろうか、と。
長女が、蜂の巣に最適な空間になる、と懸念した所。
f0331142_20135790.jpg
確かに、あそこに蜂の巣を作ったら、どうやって駆除するんだろう?
2Fの屋根に登ることはできるんだろうか。

そして、なぜこの形ではいけないのだろうか、と。
f0331142_20192979.jpg
通勤電車から見る屋根もこの形のものは結構あるが、うちのようなのは見かけない。
こうすれば外壁と瓦と雨樋が節約になるのでは、と思う。

もうひとつの不思議、玄関。
f0331142_20270962.jpg
なぜ玄関にあんなにりっぱな屋根が付いているのだろうか。
壁と目隠し格子によって、奥が中庭のようになっている。
ポーチから庭に行くことができないのには抵抗があるので…、と建築士さんに伝えた。

しかし、他の提案はほぼ受け入れられたが、この部分は変えられなかった。
してみると、この形が彼のこだわりなのだろう。
それならば、この屋根と玄関はこのままにして決して変えることはするまい。
建築士さんは建築デザイナーなのだ。
デザイナーさんのこだわりは尊重しましょう!

この方がかっこいいしね。037.gif

[PR]
by saluto | 2014-09-02 20:57 | 設計

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな