コープで家を建てます!

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コストダウンの対策

見積り額が予算をはるかに超えていることを認識した私の頭の中には、
コープで家を建てられませんでした!とか、コープでリフォームします!とかのブログタイトルが浮かんでいた。
見積り額なんてこちらが頑張ってどうこうできるものではないし、次の打合せを待つしかなかった。
建築士さんはどう出るでしょうか。

少し冷静になるためにも、私はネットで「見積り 予算オーバー」と検索してみた。
その中で見つけた、ある建築士のブログ。
良心的な建築士ほど、できるだけたくさんクライアントの夢を実現させてあげたいと、図面にいろいろ詰め込んで、予算オーバーになるものである。
なるほど、そういうことか。
そういうことなら、GHT氏とコープのI氏を信じましょう!

どちらの工務店とやって行くかは、建築士さんとコープで決めるのだが、私も自分なりに見積書を比較検討してみた。
工務店の見積りと基本設計書についていた概算見積りを項目ごとに打ち出して金額を比較できるようにした。
それから、自分が支払わなければいけない総額を知るために、引越し代とか家具や家電も入れて、エクセルで表を作ってみた。
見積書から何か減額できるものがないか探した。
もっとも、私がわかるのは窓と内装くらいだった。

8/9の打合せ。
建築士さんが見積り調整案を持ってきた。
項目ごとに工務店を比較して金額の少ない方をピックアップしたものだ。
これで300万減額になっていた!GHTマジックだ!

建築士さんは調整した見積りで総額を計算し、このぐらいの金額になりますがどうですか、と仰る。
どうって言われましても!まだ全然オーバーしてんじゃん。払える訳ないでしょ(心の声)
私はさっさと自分で用意した計算書を出し、あといくら減額しなければいけないか示した。
そしてこの時はじめて、プラスいくらまでなら、という上限額を伝えた。
工事費用以外にも、解体や地盤改良も概算を超えていたので、予定していた上限を上回ることは必須だった。
自分で考えた減額案も打ち出して渡した。何か役に立つかどうかわからないけど。

8/9のコストダウンの提案
造作家具、棚をすべて取る。
カーテン、ブラインドを取る。
和室の仏間と押入れを取る。
(もしどうしても金額調整ができなかった場合)玄関屋根とポーチを短くする。これにより駐輪場になる壁と目隠し格子が取れる。

ごめんねごめんねごめんね(/ _ ;
せっかくいろいろ考えてつけてくださったのに…
だけど、ビンボーなのはどうしようもないのよ007.gif
[PR]
by saluto | 2014-08-25 07:54 | 設計

見積り予算☆超☆オーバー!

8月2日に建築士さんがふたつの工務店の見積りを持ってきた。
封印のある封筒を三冊ずつ、コープ、建築士、クライアントの分。
コープのI氏は同席しないが、建築士さんと一緒に全部開封した。
☆ドキドキ☆
奇しくも、どちらも同じような金額だった。
建築士さんが項目ごとに比べながら説明してくれた。

最初、金額を見たときはピンとこなかったが、工務店の見積りだけで総予算額を200万オーバーしていた。
なので、ここに解体費用や設計監理費その他をプラスすると、坪120万くらいになりそうな天文学的な数字だった(◎O◎)
他のブログには、1千万オーバーという記事もあって仰天したが、まさか自分のところがそういうことになるとは!(×д×)

私は、予算オーバーになることは予想していたので、自分なりにコストダウンを考え、打合せまでにパソコンで打ち出していた。

8/2コストダウンの提案
・ロフトをやめる(小屋裏に上がる階段と造作本棚がなくなる)
・2F東側部屋のクローゼットと廊下の洗面室を取り壁の凹凸をなくす
・(もしどうしても金額調整が難しい場合)屋根と外壁の面積が少なくなるように、屋根形状を変える

建築士さんは、これを提案書として受け取ってくださった。
それから、見積りを持ち帰ってまとめてきます、と今までになく慌ただしく席を立たれたので、長女はひどくがっかりしていた。
前週の打合せのとき、珍しくテンションの高い建築士さんの様子を見たので、私たちはその話題で大いに盛り上がっていたのだ。
長女は、建築士さんを悲しませてはいけない、などとよくわからないことをしきりに言っていた。
いや、だけどね!今まで予算が心配になって尋ねたとき、プラス100万くらいでできるって言ってたんだよ。
自分ができるって言ったんだから、やってもらわなくちゃ!
と、私は心をオニにしたのだった。

[PR]
by saluto | 2014-08-21 21:33 | 設計

本の断捨離

既存の住居解体に向けてダンシャリってる毎日です。
ところで、見積りに来た引越しやさんは、まず、今までに引っ越しの経験はありますか、と尋ねる。
ありますよ
何回くらいですか
えーと、3回ですね
何年前ですか
ここに来て20年経ちます
今は大分事情が違いますから、とみなさん仰います。
何がどうちがうのだ?w
引越し3回というのは結婚してからで、学生のときから合わせると7回くらい引越している。
その都度、何がしか断捨離はしているのだが、捨てて後悔したものもある。
その中で1番重症だったのが、愛読していた単行本3冊。
大学を卒業して実家に戻る時、少しでも荷物を少なくしようとして、もう何度も読んだし、この先もう読まないからいいだろう、と思って捨ててしまった。
ところが、何年かあとにまた読みたくなった。
本棚を見るたびに、あ、そうか、捨てちゃったんだ、と再確認する。
もう捨てたんだし…新しい出会いをさがそうよ、なんて自分に言い聞かせていたが。
…とうとう、また同じ本を3冊とも買った。
でもね、やっぱり前に買ったものの方が愛着があるんですよね。
このことがあってから、本は絶対捨てたくないと思った。
ですが、今回さすがにあまりの量の多さにまいってしまい、選別して半分くらい捨てた。
それでもまだかなりある。


今までの経験値から得た私のダンシャリ論。
記憶にあるものは残す。
記憶にないものは捨てる。ああ、こんなのあったんだなー、て思うもの
何度も読んでよれよれになっているものは残した方がいい。
お気に入りでも破れたり汚れがひどいものは捨てました。
ダンナがお風呂で読んでクシャクシャになった「動物のお医者さん」とか。
湯船に落としたと思われます。
[PR]
by saluto | 2014-08-13 08:33 | 雑記

引越し業者選び(続き)

Aートで学習した私は、持っていく家具のサイズ表を作りその次に来たSカイに渡そうとしたが…
実際の物を見た方がわかるから、と見向きもされなかった。
こちらも4tと見込まれたところを3t積み切りにしてもらい、残った物は自分で運ぶからいいです、と言い張る。
オプションはピアノ移動とエアコン1台取り外し、で12万になった。
オルガンは荷物扱いになり費用はかからず。
トラックは4tと3tで金額の差はそんなにないようだ。
引越代10万のところコープの2割引を入れて8万、オプション4万で12万というところ。
それでも渋ると、
これ以上安くと言われると、即決しかないですね
…やはり即決が決め手なんですね…
だからー、もうやめようよ、そういうの。
アイミツ取るので即決はしませんて。
じゃあ、これで検討させていただきますので、とお引取り願った。

翌日の日曜日に来たクロネコの営業さん、ほんわか癒し系。
ひと通り荷物を見て、運ぶのはこれで全部ですか~
?いや、段ボールは…?例えば10箱とか…
あ、段ボールもありますか。家具だけかと思ったものですから。
なんか拍子抜けしちゃうなあ。w
もう一度運ぶものを確認して、
それでは、これを持ち帰って見積り出しますので。後でまた連絡します。
ハイ??
即決も何もあったもんじゃないな。w
夕方電話がきた。
16万とのことだった。
内訳をきくと、ピアノとオルガンの運送代が高かった。

引越業者を当たるのと同時に、私はいつもピアノの調律を頼んでいるところにピアノ運送の見積りを依頼した。
それから、日本オルガンの社長にメールで事情を伝え、オルガンの移動について教えを請うた。
もっと早くメールすればよかったな。
有り難いことにすぐに返信メールがきた。
要は、オルガンをバラしてあなたが自家用車で運びなさい、と。
そして、事細かにやり方を書いてくれていた。
ありがとう、おじさん。神に感謝。

それから私は、引越や店舗閉店の時などに清掃の仕事をしていて主人と親しかったSさんにメールして、エアコンの取外しをやってもらえるか尋ねてみた。
Sさんは木曜日に職人さんと見に来てくれることになった。

その間にSカイから毎日電話が入ったが、私はまだ相見積が出ないので、と言葉を濁していた。

ピアノとオルガンの目処がついたので、私はクロネコのおにいさんに問合せをした。
オプションなしの値段と冷蔵庫、洗濯機の廃棄処分。
すると、廃棄処分にしても、荷物に入れるので、トラックの大きさは変わらないということだった。
聞くと、4t車の見積りだった。
3tにすると冷蔵庫が入らないと言うので本棚を1個止めにした。
3t積み切りにして-8000。
1番安い期間にするといくらになりますか。
これでさらに-15000。
わかりました、もう一度検討させていただきます。

Sさんと職人さんにエアコンの取外しと取付を見てもらった時、2Fの古いエアコンの処分については解体の時にやってもらえるのではないか、と教えてくれた。
急いで建築士さんにメールして、解体業者が廃棄処分をしてくれるかどうか確認した。
エアコンはそのまま残しておけばよく、冷蔵庫と洗濯機は業者引取りとなった。
翌日、クロネコに決定の電話をした。

この選択はどうだったのだろうか。
他所で即決の方がお得だったかもしれない。
しかし、今回は普通の引越しとちがうので(とSカイにお断りの説明をした)
荷物だけの移動で、向こうで住むわけではないこと。
体は歩いて5分の実家に行くので、引越しのあとでも片付けをする時間があること。
段ボールは自分たちで運べること。
それと、家電の廃棄処分について、クロネコはリサイクル券代のみで引き取ってくれたことが大きかった。運搬費はおにいさんがオマケしてくれた。
ありがとう、おにいさん
[PR]
by saluto | 2014-08-09 00:06 | コープ以外

引越し業者選び

コープでは4社の引越業者を紹介している。
コープを通すと、2割引きになる。
4社の中から2社を選んで依頼した。
速攻電話がきた。
仕事中だから取れなかったけど、留守電が入っていた。
お昼の休憩時間に電話すると、A−トはその日のうちに来るという。
Sカイは2日後の土曜日にしてもらった。

A社の見積り
4t、3t、補助車、段ボール100個。
オプションで、ピアノとオルガン運搬、エアコン3台と窓用エアコンの
取り外し、冷蔵庫と洗濯機引取
以上で31万。
なんですか、ソレ。
持っていく家具はダイニングテーブルや事務机10個くらいで大きいタンスもソファセットもないのに。
営業マン曰く、タンスや食器棚がなくてもそこに入っているものを箱詰めするとこれくらいになるんです。家具だけでも2tじゃ到底ムリです。
じゃ、3t積みきりで10万、ただし即決で。
ハイ、でましたよ、即決
即決はしないのでこの金額(31万)で検討させていただきます。
営業マンはまだぐだぐだ粘って、8時半になったところで娘2人が乱入!
そりゃいい加減お腹も空くでしょうよ。
だいたい来るのが約束の時間より遅かったし。
断ってるのに粘られると腹立たしい。
まあ、最初からやる気なかったんだと思っておこう。

その夜、私はウェブから、クロネコに見積り依頼を出した。


[PR]
by saluto | 2014-08-05 23:27 | コープ以外

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな