コープで家を建てます!

困った!セパレートキッチン

リクシル、TOTO、パナソニックの見積りが出揃いました。

お風呂、洗面、トイレはどこもそこそこ良いのですが、問題はキッチンです。
わが家の希望はセパレートアイランド。(コンロ側は壁付け)
これってマイノリティ?カタログ探しても見つけるのに一苦労。
それでも、それぞれリシェル、クラッソ、リビングステーションSにこの型がありました。
選択肢少なすぎ(´・ω・`)

さて、ドキドキの見積書開封〜。

リクシルは、カウンター奥行き97cm、間口202cm。何ゆえこんなに大きくなった?
ショールームで間口とか収納のサイズとか訊かれなかったし。
カタログをよーく見ると、Ⅰ型アイランドの1番小さい間口がこのサイズだった。
ガスオーブンはハーマンつけときますね、と言われ、だから必然的にコンロはハーマン製になっている。
食洗機は浅型になっていた。

TOTOは中間グレードの扉が生産中止状態で見積りが出せないため、高グレードの扉カラーになっているので、3社の中で1番高いお値段です。
ですが、他グレードとの比較による差額や、消費税も載せてありました。
グレード2ならリクシルを少し下回るし、コンロ側の収納も間取りにきっちり収まるように選択してある。
オーブンはリンナイを希望したが、なぜかオーブンレンジになっていた。

パナソニックは1度めのときに担当さんがつかなかったので、カタログだけもらってきていた。
カタログにプラン選定シートというのがついていたので、私は内容を詳細に調べ、プラン選定シートにチェックを付けていた。
コストダウンを図るため、カウンターを75cmにして、間口もシンク1685、コンロ1650と小さくして、あらかじめ建築士さんにメールでこのサイズにしてもいいか連絡を入れた。
その他、コンロやレンジフードを少しグレードの低いものにした。
食洗機は深型を付けた。
見積りを取ってもらうために再度、パナソニックに行ったとき、私はこの選定シートを持参していった。パナソニックだけがこれができたのだ。
ところが、ここで予期せぬトラブルが発生した。
建築士さんの図面と私の選定シートをコピーして戻ってきた担当さんが、セパレートタイプは片側が壁付けになりますがよろしいですか、と仰るのだ。
ええ?
あれ?おかしいな、私、アイランド選んだはずなのに。
担当さんに言われてよーく見ると、Ⅱ型・対面というプランは側面に壁の斜線が描いてある…。アイランドじゃなくて、ペニンシュラになってたのね。
はあ……あんなにカタログ見たのに気が付かなかったとは…orz
呆然とする私に、建築士さんが、大工さんに側面のパネルだけ作ってもらうこともできますよ、と言ってなぐさめてくれた。(/_;)
担当さんが、少し上のクラスになりますが、リビングステーションLならご希望のタイプにできます、と言われたので、SとLで見積りを出してもらうことにした。
シンクと食洗機の位置が心配だったが、間口に合わせて収納も選ぶことができた。
これでパナソニックの見積額は、何とか見れる数字になった。
リビングステーションLもそんなに上がっていなかったので良かった。

あとは、業者割引がどのくらいでしょうか。
リクシルやTOTOの方が割引率がいいなら、サイズ変更して再見積もりもありかなー、と思う。

[PR]
by saluto | 2014-06-09 00:07 | 設備

母と娘2人時々息子のわが家を建替える記録
by saluto
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

最新のトラックバック

ブログパーツ

イラスト:まるめな